【神様なんか信じない僕らのエデン】続編はある?ネタバレ込み感想

もふもふ枝子先生によるオメガバースBL作品「神様なんか信じない僕らのエデン」について
  • 神様なんか信じない僕らのエデンの続編はある?
  • 神様なんか信じない僕らのエデンあらすじ
  • 登場人物のプロフィール
  • 神様なんか信じない僕らのエデンのネタバレ・魅力や見所

を紹介していきます。

神様なんか信じない僕らのエデンの続編はある?

神様なんか信じない僕らのエデン上下巻の表紙

引用元:神様なんか信じない僕らのエデン

「神様なんか信じない僕らのエデン」は単行本上巻・下巻が2021年3月10日にリブレ出版から発売され、一ノ瀬ゆま先生による人類最初のΩとαになった高校生を描いたオメガバースBL漫画です。

待望の続編・シーズン2の連載は「マガジンビーボーイ2022年4月号(2022年3月7日発売)」で開始しています。
それでは「神様なんか信じない僕らのエデン」の上下巻のあらすじをネタバレ込みで紹介しましょう。

神様なんか信じない僕らのエデンのあらすじ

西央の初めての発情期に誘われる織人
引用元:神様なんか信じない僕らのエデン 上巻

進学校に通う織人(しきと)は勉強が大好きで、頭の回転の良さからかちょっと脳内ツッコミが多い普通の高校生です。

ある日、体育の授業中に体調を崩したクラスメイトの西央(にしお)を保健室へと連れて行くのですが、何故か自分も憧れている西央の香りに半ば酔ったような状態になりながらも歩いていると、道中で辛そうな西央に言われ体育倉庫へ入ることになりました。

そして入るや否や嬌声をあげて達してしまった西央の姿に煽られて、一緒に扱いていたはずが訳がわからないまま織人の自身を強引に挿入されてセックスしてしまうのです。

その後も収まる気配がなく3時間以上を体育倉庫で繋がったまま過ごし、織人はまだ具合の悪そうな西央の服や荷物を教室から持って戻りますが、身体の熱が全く治まらない西央は帰ることができないため体育倉庫で一晩を過ごすことになります。

織人が家から一晩過ごせる準備をして戻り、ようやくお互いの事を話し始めると、織人は不思議と西央の考えている事が聞こえたり見えるようになっている事に気が付くのです。

混乱する中、西央に「もっかい…入れて…」と涙目で訴えられると、織人も「破裂しそうになる」程煽られて再び身体を繋げるのでした。

日を追うごとにどんどん変化していく身体、まだオメガバースが存在しない世界で2人の行く末はどうなるのでしょうか…?

登場人物のプロフィール

本作のメインの登場人物のプロフィールや属性を紹介します。

西央凛々斗のプロフィール

神様なんか信じない僕らのエデン下巻の扉絵の西央

引用元:神様なんか信じない僕らのエデン

  • 名前:西央 凛々斗(にしお りりと)
  • ポジション:受け
  • 属性:Ω(オメガ)
  • 年齢:17(高校2年生)
  • 性格:社交的・明るい・友達が多い

小学3年生の時に父親を事故で亡くし、母に苦労させたくないとの思いから母と再婚相手である父親に心配をかけないよう常に気を使っている一方、居場所の無さから寂しさを感じています。
明るくノリが良い外面に反して、中身は繊細で傷つきやすく、織人の優しさに泣きそうになるシーンもありました。
Ωとしての身体の変化に翻弄されつつも、織人を好きになっていくと共にエロさを増していく様子は必見です。

喬 織人のプロフィール

 

神様なんか信じない僕らのエデン下巻の扉絵の織人

引用元:神様なんか信じない僕らのエデン

  • 名前:喬 織人(たかい しきと)
  • ポジション:攻め
  • 属性:α(アルファ)
  • 年齢:17(高校2年生)

性格:好奇心旺盛・真面目・穏やか

病院の跡取り息子であり、知識を得る事が大好きで興味を持ったことは何でも調べる、勉強が趣味の真面目クンです。

目立つのが苦手で穏便が好きな織人ですが、西央のフェロモンに誘発されてセックスをする仲になってしまいます。

αの本能と戦いつつ西央を大事にしようとする姿はとても頼もしく、読み終える頃には織人の印象は180度変わっていることでしょう。

神様なんか信じない僕らのエデンのネタバレ・魅力や見所

神様なんか信じない僕らのエデンの魅力や見所をネタバレありで紹介します。

人類初のオメガバース

身体の変化について考察する織人
引用元:神様なんか信じない僕らのエデン 上巻

まだオメガバースという概念が存在しない世界で、人類初のバース性になった2人は自分の身に何が起こっているのかわからず、様々な変化に翻弄される事になります。

知識を吸収することが大好きな織人によって、少しずつ2人の身体の変化の理由とオメガバースとは何かが明らかになる様子は、他のオメガバース作品では見られないでしょう。

発情期による度重なるセックスシーン

体育倉庫でセックスをする西央と織人

引用元:神様なんか信じない僕らのエデン 上巻

オメガバースが発見されていない世界では、もちろん抑制剤などの発情を抑える方法はありません。

そのため2人はバース性の本能に抗えず何度も何度も身体を重ねるため、セックスシーンの多さはなかなかのものです。

特にΩの西央はαである織人に犯されたい欲求が強く、行為の後織人が帰ってからも一人で自慰をしたり、淫らに乱れる様子はとにかくエロいので、ぜひ実際に読んで確かめてみてください。

西央と織人の心の通じ合い

噛みたい本能を我慢して触れる織人

引用元:神様なんか信じない僕らのエデン 上巻

時折バース性の本能に負けつつも、織人はしっかり西央を見ようとしますし、本心を晒すことが苦手な西央も少しずつ織人に心を開きます。

αである織人はΩを支配したい本能から西央のうなじを噛みそうになったり束縛しそうになりますが、Ωの西央ではなく西央自身の心が欲しい織人は理性で抑えつけるのです。

バース性によって惹かれているのか、それ以前に人間として惹かれているのか、迷いながらも心が通じ合っていく様は心にグッとくるでしょう。

神様なんか信じない僕らのエデンの続編とネタバレのまとめ

神様なんか信じない僕らのエデンは、人類初のαとΩになった2人の高校生の話です。

作品の魅力は

  • 世界初のオメガバース
  • 複数回ものセックスシーン
  • 本能に負けない心の通じ合い

この3点が注目ポイントです。

普通のオメガバースとはまた一味違った作品で、心理描写もとても丁寧に描かれているので、読み終えた時には映画を見た後のような満足感が得られます。

続編のシーズン2は「マガジンビーボーイ2022年4月号(2022年3月7日発売)」で連載開始しており、作者のもふもふ枝子先生のTwitterによると「続編準備中」となっているため、時期は未定ですが単行本が発売される事は間違いないでしょう。

なお上下巻完結後の翌日のストーリーがもふもふ枝子先生のTwitterで公開されているので、ぜひそちらも読んでみてください。

神様なんか信じない僕らのエデン上下巻の表紙
最新情報をチェックしよう!